生活と貯金 なぜ貯めるのか?どうやって貯めるのか?

貯金の仕方を工夫する

まず、貯蓄の習慣がない人が貯金を始める場合には、高すぎる目標を設定しないことである。いきなり「100万円を貯めよう」と大きな数字を決めてしまっても、途中で挫折してしまう人が多い。大きな金額は現実味が少なく、あいまいである。そのため、始めは10万円程度の小額からスタートし、それから金額を伸ばしていくようにしよう。

基本的に上手く貯金をするコツとしては、収入が入った時点で定期預金として積み立てることである。「収入の余った分を貯めるようにしよう」という考えは失敗の元である。大抵はあるだけ使ってしまう人が多いので、貯蓄には結びつかない。そのため、収入が入ったらすぐに定期預金として積み立てるようにしよう。簡単には出し入れができないように、別口座を開設してカードを作らないことをおすすめする。

意外と役に立ってくれるのが500円・100円貯金箱である。お財布の中に小銭があれば入れることを習慣化すれば、いつのまにか貯まっている。買い物をするときも、おつりで500円がもらえるように工夫してお金を出すようにすれば、意外と早く貯めることができる。

「つもり貯蓄」というのもおすすめしたい。「~を買ったつもり」でその金額分だけ貯金箱に入れるのである。生活もシンプルになるし、無駄な買い物もしなくなるので一石二鳥である。普通に暮らしていても出費が抑えられる考え方になるため、貯蓄を増やしやすくなる。

目標金額を貯めるためには、貯蓄の仕方を工夫することが大切だ。何度も貯蓄に失敗しているという人は、参考サイトなどで自分のやり方の何がダメなのか確認してみるといい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です