生活と貯金 なぜ貯めるのか?どうやって貯めるのか?

結婚生活への意識の男女差

女性は男性に比べると、将来設計をしっかりと立てる傾向が強い。その理由として大きいのは結婚から出産、子育てといった流れを自分のこととしてよく理解しているという点が大きい。結婚に際してウェディングドレスを着て、華やかな舞台を作り上げたいと思い描く女性は多く、そのためには相応の資金を準備しなければならないということがよくわかっているのである。

そして、子供が欲しいと考えると、通院して出産に至るまでにはかなりのお金がかかることに加え、養育費も考えると十分な貯蓄がなければ生活が成り立たなくなる可能性すらあるという危機感をしっかりと持っていることが多い。子供を生むのが女性だからこその視点であり、男性では忘れてしまいがちなことをしっかりと考慮できるのである。

結婚、出産、子育てという目標を元にして貯金をしておくというのは結婚前から行うべきことであり、婚約をする頃から男性に対しても協力を求める女性も少なくはない。自分の貯金だけでそれを賄おうとする女性もいるものの、目標となる金額が大きくなってしまうことも多いため、男性の協力を得るということは避けることは難しい。いずれは家計を同じくするという観点から、婚約のタイミングで切り出すことが多いものの、実際に結婚式の準備を始めても切り出せないことも稀ではない。そのため、そういう考えを汲みとって、言われずとも自分の事として協力できる男性は女性にとって魅力的に感じられるものだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です